■要チェック♪ダイエット効果を出すことが出来ない身体でしたら食べるものを変えると良い


■要チェック♪ダイエット効果を出すことが出来ない身体でしたら食べるものを変えると良いブログ:22-3-2014


おっはー

レモンの酸味成分のクエン酸に、脂肪燃焼効果があることから、
「レモン水減量」が注目されています。

レモン水減量は…
レモン汁1/4個分と
ミネラルウォーター200mlを混ぜ合わせたレモン水を
24時間3回、食べる事の後にコップ1杯(約200ml)飲みます。
食べる事の前やウエストがすいている時は、
胃に負担がかかるので避けましょう。
…という簡単なダイエット法です

レモンって、
減量の強〜い味方なんですよね!

まず、脂肪燃焼効果。
レモンに含まれるクエン酸が、代謝をスムーズにします。
また黄色の成分であるへスペリジンは、脂肪の吸収を抑えます。

次に、疲労回復効果。
クエン酸は、疲れの原因である乳酸を分解します。
疲労を感じたときは、
チョコレートのような甘いものよりレモンを食べましょう。
ローカロリーな上、効果が期待できますよ!

そして、美肌&若返り効果。
豊富なビタミンCは肌を美しく保ちます。
また抗酸化作用により、身体の中からの老化を防止します。

さらに、ストレス解消効果もあります。
レモンの香りの成分である
「リモネン」は精神をリラックスさせます。
ストレスは身体の中のビタミンCを消費させるので、
レモンで補給しましょう。

簡単にでき、制限が少ない…
魅力的なレモン水減量。

もちろん、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば太りますので
「レモン水さえ飲んでいれば大丈夫」という訳ではありませんが、
レモンのさまざまな効能は、減量にとても役立ちます。

さわやかなレモンのパワーで、
身体の中からキレイになりましょう。

――――――以上で今日の報告を終わります。