■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質

■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質


■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質
もし本気で美しい身体を手に入れたいと考えているのでしたら、まずは美容についての知識を頭に入れておきましょう。
中途半端で間違った知識では自分の求める最後の美容を実現させることは出来ないのです。 バストアップサプリのプエラリアには女性ホルモンの作用物質である「ミロエステロール」「デオキシミロエステロール」などが豊富に含まれています。
更年期障害などの女性特有の病気の症状の緩和にも効果があると報告されており、現在注目されています。バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質は「プエラリア」「大豆イソフラボン」「ワイルドヤム」などが挙げられます。
大豆イソフラボンというのは厚生労働省から摂取目安が決められており、一日30mgと定められているのです。

バストアップサプリのワイルドヤムというのはジオスゲニンも豊富に含まれており、この成分によって若さや健康に役立つとされています。
南米では女性の健康食材として古くから人気があり、今では日本でも注目されてきました。



■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質ブログ:11-3-2017

グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

減量中は、
お菓子は控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ~?

で、わたくしは考えてみました…

「お菓子を食べたーい!」という人の頭の中は
「お菓子」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、腹が空いていなくても、
お菓子のパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
お菓子を食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「お菓子」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「お菓子」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
お菓子のパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分の腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もお菓子のパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「お菓子」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
お菓子のパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?

■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質

■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質

★メニュー

■要チェック♪ジョギングやウォーキングなどといった手軽に実施出来る運動
■要チェック♪ダイエット効果を出すことが出来ない身体でしたら食べるものを変えると良い
■要チェック♪手術内容や料金、使用器具・薬剤などについてを確認
■要チェック♪大人ニキビの対策としまして最も大切なこと
■要チェック♪美容整形は必ずしも誰もが受けることの出来るものではありません
■要チェック♪エステサロンを選ぶ時に一番良いのはインターネットで口コミ情報を参考
■要チェック♪脚痩せダイエットを開始する前に必ずセルライトについて勉強
■要チェック♪女性のバストは初潮が始まる頃から次第に大きくなってきます
■要チェック♪美容整形クリニックの選び方を理解していないと後々後悔してしまう
■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美容まるわかり情報スペシャル